話題のED治療薬ステンドラの特徴やジェネリック医薬品のアバナについてご紹介します。

次世代のED治療薬ステンドラ

話題のED治療薬ステンドラ

ED治療薬は即効で勃起不全の悩みを解決してくれることもあり、多くの男性に利用されています。
すでに国内の医療機関でもこうした薬は利用されていますが、治療薬はさらに開発が進み、新しい薬も登場しています。
ED治療薬ステンドラはまだ日本ではまだ提供されておらず、なじみが薄いですが、こちらも優れた効果を得られる薬として注目が高まっています。
アメリカの製薬会社であるヴィヴィス社より開発された薬で2012年にFDAに承認申請され、2013年に認可が下りた新しい薬です。
ステンドラの主成分も知っておきたいですが、有効成分はアバナフィルです。
有効成分のアバナフィルはもともと日本の製薬会社で開発したものですが、海外での開発・販売権をヴィヴィス社に譲渡しました。
EDになる原因は勃起に必要な十分な血流が得られなくなることで起こりますが、この成分は血管を拡張させる働きがあり陰茎への血流も良くして、海綿体への血液も十分に得られるようになり勃起を得やすくしてくれます。
そして最初に開発されたバイアグラは食事の影響を受けやすいという欠点がありますが、この薬は食事の影響も受けにくい薬で即効性にも優れているのも特徴です。
食事の影響を受けにくいとされていますが、やはり空腹時の服用がより効果的とされています。
効き目が早く性行為の15分~30分前に飲んでおくと効果を発揮するとされています。
持続時間は5時間程度で、服用は1日1回、次の服用までは24時間以上開ける必要があるなどは他の治療薬と同じです。
規格は50mg、100mg、200mgの3種類となっており、治療開始の際には100mgで開始することがすすめられています。
薬にはどのようなものでも副作用がありますので、副作用についても知っておきたいですが、頭痛や鼻づまり、ほてりなどがあるとされており、他の治療薬と似た副作用です。
さらにバイアグラやレビトラは心疾患のある人には注意が必要ですが、この薬の場合もやはり何らかの疾患がある場合は使用が向いていない場合があります。
硝煙剤や一酸化窒素供与剤などには併用禁忌があるのでこうした薬を飲まれている方は注意が必要です。
このほかにも健康に不安のある人は勝手な判断で使わずに医師に相談しておきましょう。
購入方法についてはまだ日本では認可されていない薬ですので、医療機関で処方してもらうことはできません。
購入の場合は海外医薬品の個人輸入という形となります。

参考サイト:薬通販|アバナ|ステンドラジェネリック|お薬なび