TOP > 海外医薬品を通販で購入!

海外医薬品の通販(個人輸入代行業者)を使うメリットや注意点について解説

医薬品は通販で買える!

医薬品を購入できる通販サービス

スマホで医薬品を購入する男

「海外から個人輸入をすれば購入できる」とは言え、私たち一般人が海外から医薬品の輸入をすることはできるのでしょうか。

法的には個人輸入が許されていても、技術的に私たちが海外から医薬品を輸入することはまず不可能でしょう。

海外からモノを輸入したい場合、輸入に関する特別な手続きをしなければいけません。

当然そんな手続きをできるわけはないですし、そもそもの前提として、すべてのやりとりを相手の国の言葉、もしくは英語でしなければいけません。

医薬品によって販売している国はさまざまですので、違う医薬品を購入するたびに違う言語を使い分けるなんてよっぽど語学が堪能な人でなければ不可能です。

では、どうやって海外から医薬品を輸入するのか。

その鍵を握っているのが個人輸入代行業者なのです。

個人輸入代行業者が私たちに代わって輸入の手続きを引き受けてくれるおかげで、私たちは手続きを一切することなく、目当ての医薬品を購入することができるのです。

個人輸入代行という通販サービスがあり、そこでは個人輸入代行業者が輸入してくれた海外の医薬品が販売されています。医薬品やそれに関する商品(検査キットなど)以外は販売していないため、医薬品を購入したいという方しか使うことはないでしょう。

しかし、海外で流通している医薬品であればそのほとんどをネット購入することができますので、きっとみなさんが必要としている医薬品も見つかるはずですよ。

ステンドラやアバナも個人輸入代行を利用すれば簡単に入手することができるでしょう。

個人輸入代行での注文方法についてなのですが、基本的にはふだんみなさんが利用している通販サービスとまったく変わりません。

サイト内から欲しい医薬品とその数量を選択し、注文するために必要な情報を記入したうえで注文を確定させるだけです。

ネットで買い物をしたことがあるという人なら問題なく利用できますし、そうでない人でも簡単に利用できるので安心してください。

利便性がとにかく高い

通販サイトの便利さを享受している男

個人輸入代行を利用することで、あらゆる医薬品をネット上で簡単に注文することができるようになりました。

ステンドラのような日本で認可されていない医薬品を購入したい場合にも使えますが、バイアグラのような日本でも処方してもらえる医薬品を購入したい場合でも使うことができます。

個人輸入代行を利用しての医薬品購入にはさまざまなメリットがあります。

医療機関から処方してもらう場合と比較して最も感じるメリットとしては、やはり購入するために必要な費用が安く済むという点ではないでしょうか。

医療機関から処方してもらう場合、通院して受付ですぐ医薬品を処方してもらえるわけではないですよね。

診察や検査を受けたうえでの処方になるため、当然処方代のほかに診察費などの費用もかかってしまうのです。

また、ED治療薬は保険適用外なため、治療費はみなさんが全額負担しなければいけなくなり、なおさら高額に感じてしまうことでしょう。

ですが、個人輸入代行を使って医薬品を購入した場合、ネット注文ということでまず通院する手間は省けます。

それと同時に診察や検査を受けることもなくなるため、これらにかかる費用を丸々カットすることができるのです。

それだけではなく、海外からの輸入品ということで、各医薬品はその国での値段に依存します。

そのおかげもあり、薬価自体も安く済ませることができますよ。

他にも個人輸入代行によるメリットとして、みなさんの都合のいいタイミングで注文できるという点や、日本で流通していないジェネリック医薬品でも問題なく購入できる点などがあります。

個人輸入代行の落とし穴

個人輸入代行の落とし穴を確認する医者

個人輸入代行を利用することで、今となっては簡単にあらゆる医薬品を購入できるようになりました。

個人輸入代行の通販サイトはスマホにもしっかり対応してくれていますので、室内だろうと室外だろうと、みなさんの好きなタイミングで注文することができます。

また、個人輸入代行で販売されている医薬品はどれも厳重な成分鑑定をクリアし、安全に使用できる正規品だと認められたものしか販売されていません。

そのため、どの医薬品を購入したとしても、安心して治療に臨むことができるのです。

ただ、だからといって何も考えずにホイホイと注文してはいけません。

ネット上で実際に検索してみるとわかるのですが、個人輸入代行の通販サイトは結構な数が存在します。

ほとんどが安心して利用できる優良業者なのですが、中には危険な偽造品を販売する悪徳業者が混じっていることもあります。

もし何も考えずに注文した先が悪徳業者の管理するサイトだった場合、お金や個人情報が騙し取られてしまうほか、偽造品を購入してしまうことにもなります。

そのまま気づかず服用してしまえば、当然病気・症状を正しく治療することはできないですし、むしろ命にも関わるような副作用が起こってしまう危険もあるのです。

口コミなど、ユーザーたちの生の声を聞いたうえで、信頼できるサイトを正しく選べるかどうかが重要です。

また、信頼できるサイトで注文した場合でも注意しないといけないことがあります。

ED治療の場合はそこまで一刻を争うという症状ではないですが、性感染症などの場合は早期治療できるかどうかが重要になります。

しかし、個人輸入代行で購入できる医薬品はすべて海外からの輸入品ということで、注文してからみなさんの手元に届くまでに時間がかかってしまいます。

場合によっては2週間近く時間がかかってしまうこともあるため、個人輸入代行を利用する場合はこの点を考慮して早い段階から注文を済ませておくことをオススメします。

注意しなければいけない点はいくつかありますが、みなさんが意識して正しく慎重に利用していけば問題はありません。

それ以上に個人輸入代行は医薬品購入においてたいへん便利なサービスとなっていますので、ぜひみなさんも利用してみてください。